カゴメ便り
2018/09/27

もうひとつのカゴメの特別なトマトジュース『夏しぼり2018』

253 view
21
クリップ

みなさんこんにちは、トマコミ担当 広告部水野です。
7月26日のトマコミ栽培日記では、生産者のみなさんが育てた“凛々子”がトマトジュースプレミアムに加工される様子をお伝えしました。
カゴメのトマトジュースといえば、トマトジュースプレミアムですが、実は、カゴメにはもう1つ特別なトマトジュースがあるんです。
トマコミギャラリーキャンペーンのプレゼントになっているカゴメの通信販売「健康直送便」だけでしか買えない、その名も“夏しぼり”です。1996年の発売から22年目のシーズンを迎えました。

▼カゴメの通信販売「健康直送便」

今日は、通販事業部 田中さんに 夏しぼりが愛される秘密を公開いただきましょう!


 

田中さん、まずは自己紹介からお願いします。

 

はい、カゴメ通販事業部商品企画グループで、夏しぼりを担当しています 田中です。
さっそく夏しぼりについてご紹介します!
夏しぼりはカゴメが保有する7,500種以上の品種の中から育種し選び抜いたジュース専用品種「凜々子(りりこ)」のうち、適度な酸味とすっきりした味わいを持つ品種と、酸味が低くリコピンの含有量が多い高リコピン種を中心に使用しています。
適度な酸味をもつ品種と酸味が低い高リコピン種を絶妙なバランスで配合することで、畑でもいだ完熟トマトらしい、すっきりと酸味が効いたコクのある味わいを実現しているんです。

 

1年の中で、たくさんのトマトが入荷される中、その味のバランスを維持するのは難しいのではないでしょうか?

 

そうですね、トマトそのものが味を決めるため、トマトの見極めは非常に重要になります。

 

製造方法についてもこだわりがあるそうですね。

 

はい。トマトの果肉を押しつぶさずに丁寧にゆるやかに優しく搾汁する“ゆるしぼり”という製法で贅沢にしぼっています。愛飲者の方からは「濃いのにさらりとした口当たりで、他では味わえない美味しさ」とうれしいお声をいただいています。

 

私も発売当時、初めて飲んだ時はこれまでのトマトジュースとは全く美味しさのレベルが違い、とても驚いたのを覚えています。

 

あ、水野さんも飲んでいただいているんですね、ありがとうございます。
次は、夏しぼりのおいしさを維持する、カゴメの強力な助っ人を紹介しますね。
カゴメにはトマト・センサリー・エキスパートと呼ばれる、トマトジュースの微妙な味や香りの差(違い/個性)を認識する試験に合格したメンバーがいるんです。
トマト・センサリー・エキスパートは、日々トレーニングを重ね、より敏感な感覚を磨いています。また、様々なトマトジュースの特徴を評価したり、そのおいしさの言語化にも取り組んでいるんですよ。

トマト・センサリー・エキスパートが表現する夏しぼりの特徴、以下のような表現ですよ。
香り・・・青々しく茂った畑のトマトを連想させる香り
色・・・まさに真朱。赤色が圧倒的に鮮やか
味・・・甘みと酸味のバランスが最適
食感・・・口当たりはとろっとなめらかなのに、のど越しはさらっとさわやか。冷やせばごくごく飲めて、常温ではより完熟感を味わえる。

 

なるほど、通信販売ですから「どんなトマトジュースなんだろう」という疑問にお答えするのは大切ですね。
濃いのにさらりと飲みやすい!「トマト、澄みわたる!」のトマトジュースプレミアムとはだいぶ違いそうですね。

 

そうですね、製法と使用するトマトの違いですね。夏しぼりで使用される高リコピントマトの完熟のピークは8月のお盆明けなんです。
なので、完成した「夏しぼり」をお客さまにお届けできるのは9月からと、プレミアムより少々遅めなんです。晩夏から秋のはじまりの味わいということで、ぜひお楽しみ頂きたいと思います。

 

残念ながら今年の夏しぼり2018は、好評につき完売。
トマコミギャラリーキャンペーンで当選されたみなさん、ぜひ夏しぼり2018を楽しんでくださいね!

 

94件の「いいね!」がありました。
94件の「いいね!」がありました。
21件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください