カゴメ便り
2019/06/10

「そのまま育てるトマトの土」の肥料について

41
1752 views

こんにちは、トマコミ担当の水野です。
みなさん、トマト苗の定植は完了していますね。
いくつかの投稿で、「そのまま育てるトマトの土」についてのご質問がありましたので、補足の説明させていただきますね。

ご質問の中で、「凛々子には向かない」とありましたが、やや肥料と水の管理の仕方に気を遣う必要があるということで、栽培できないわけではありません。
この土は、「追肥なしでミニトマト5段まで獲れる」という設計になっています。
地植えではない、プランターの代わりとして開発されていますので、標準的な栽培環境で考えた場合を想定し5段で設計されています。

ミニトマトで5段以上挑戦する場合や凛々子のような中玉で肥料・水をミニトマトより必要とする品種を栽培する場合は、追肥や水を適切に行えば栽培可能ということになります。
特に、尻ぐされ症はよく発生しやすい現象ですので、苦土石灰などのカルシウムを追加するのもコツですね!

商品のご紹介はプロトリーフ社のホームページへ>>

また、以前に水野から「土の量が大事!」ということはご案内させて頂きましたね。
それもトマトへ水や栄養が行き渡るようにという意図なのですが、ベランダ栽培だったり、ご自宅にある鉢の種類によっても肥料や水に気を付けてあげれば栽培は可能ですので、みなさんご自分のできる範囲でチャレンジしてくださいね。

ご自分でいろいろ試行錯誤するのも栽培の楽しみ方のひとつですし、トマコミには「専門家が回答!Q&A」もありますので、ぜひ活用してくださいね。

それではみなさんのトマトレポート、お待ちしてます!

 

129件の「いいね!」がありました。
129件の「いいね!」がありました。
41件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 凛々子トマトは苦土石灰などのカルシウムが大好物なのですね♪
    自分で凛々子トマトを育てるようになって4年ですが、農家の皆さんがトマトジュースにするまでにたくさんのトマトを実らせている姿を拝見していると
    『さすがに専門家!!』って尊敬の眼差しで見てしまいます。
    『私、失敗が多いので。。。』
    今年こそ
    『私、失敗しないので!!』が目標です。
  • 土や、土の量が大事なのですね
  • ブレンドするといいんですね^^
  • 勉強になります。
  • いいね。
  • そうなんだ…
  • ふむふむ、、、
  • 保水力に問題がある土だと思います。特に高温になるとすぐに乾燥します。商品になっていないと思います。すぐに改善をよろしくお願いします。
    • こんにちは、&KAGOMEスタッフです。
      この土は、ヤシ殻を細かい繊維状にした「ココヤシピート」やヤシ殻を粗めにした「ハスクチップ」が原材料となっています。毎回の水やりの際、鉢の底から水が流れ出るまであげると、表面はすぐ乾きますが、内部の保水は良いという特徴があります。
      トマトの生育状態にもよりますが、元気な状態ですと葉から水分が抜ける量も多くなり、水やりの回数が多く必要になることもあります。土があまりにも乾きやすいと感じられた場合は、トマトの実が着いた下の葉を取ってしまってもいいかもしれません。

      もうすぐ収穫の最盛期を迎え、楽しみな時期ですね。収穫のシーンや調理など、今後もトマコミをご活用いただけると嬉しいです。
      このたびは「カゴメそのまま育てるトマトの土」へのご意見をありがとうございました!
  • これなら私にもできそう。
  • 今年も尻かれしてしまいました。ちゃんと肥料あげたの・・・
投稿の通報
「&KAGOME」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる