カゴメ便り
2016/04/25

カゴメフィールドマン桂の凛々子生産者訪問日記

1509 view
16
クリップ

こんにちは、ミッティです。

カゴメのジュース用トマトは、カゴメが契約した生産者のみなさんに栽培してもらっています。

今日は、その生産者さんたちを支援する専門家「フィールドマン」を紹介しますね。

今年のトマコミで、半年間 生産者さんを訪問いただき、現地の様子をレポートしてもらいます、ご期待ください

 

━-━-━-━-━-━-━

はじめまして、農事業本部調達部 加工調達グループの桂です。社内では通称“フィールドマン”と呼ばれる仕事をしています。

9月まで、凛々子栽培の様子をお伝えします、どうぞよろしくお願いいたします!

まず、カゴメジュース用トマト“凛々子”は「契約農家」と呼ばれる、カゴメと契約した農家さんで栽培されています。

現在、茨城県・栃木県など13県で、661件の農家さんと契約しています。

 

さて私、桂ですが今の部署に来るまでに、栃木県那須塩原市にある、カゴメ総合研究所(現イノベーション本部)で4年半トマトの研究をしておりました。

昨年からフィールドマンとして、栃木県のジュース用トマト調達の仕事をしています。

現在、カゴメには私を含め8名のフィールドマンが在籍し、生産者さんの皆さんとの契約、品質向上・収量アップに向けたアドバイス、収穫品の購買などの仕事をしています。

 

4月8日、栃木県JAはが野益子地区の岩崎さんのハウスにお邪魔しました。

現在、畑に植える前の苗を育てています。本日は外が21度と暖かく、ハウス内は24度となっています。

ジュース用のトマト苗はがっしりと形が良く、水を多くあげると伸びすぎてしまいます。

温度管理、水管理をしっかりして、良い苗を作る必要があります。苗の先端の芽を取り(ピンチという)、葉の付け根から新たな芽をだす作業がしてあります。

岩崎さんによると、「最初は少し伸びてしまったが、何とかしっかりした苗になってきた」とのことです。

この苗はもうすぐ畑に植えられます。

次は4月中旬に、畑への定植の様子をレポートします、楽しみにしていてください!

━-━-━-━-━-━-━

 

桂さん、ありがとうございますフィールドマンの仕事、私も知らなかったことがいっぱいありました。

各生産者さんとの信頼関係が、トマトのおいしさにつながっていくんですね。

来月もレポートよろしくお願いします

みなさん、お楽しみに

 

71件の「いいね!」がありました。
71件の「いいね!」がありました。
16件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください