カゴメ便り
2017/08/18

今年の凜々子の出来栄えは? &KAGOMEスタッフの生産者訪問日記 【第4回 収穫編】

58
1781 views

こんにちは、&KAGOMEスタッフです。
カゴメの契約農家さんを訪問し、カゴメジュース用トマト“凜々子”の栽培の様子をお届けする「生産者訪問日記」。
いよいよ最終回となる今回は、【収穫編】!
今年の凜々子は、どんな出来栄えなのでしょうか?
栃木県小山市JAおやまの小平さんの圃場よりレポートします!

 

【7月31日(月) 最高気温 33.1℃ 最低気温 23.4℃ 曇りのち晴れ】


10時少し前に圃場に到着すると、すでに収穫作業の真っ最中!
7月中頃から8月前半にかけての収穫期は、トマト農家さんにとって1年のうちで最も忙しい時期。まだ夜も明けきらない4時半に起きて圃場へ行き、日が暮れた19時に帰宅する毎日だそうですよ。

 


茂った葉の下には、赤く色づいたたくさんの凜々子が!無支柱で栽培されているため、地面を這うように実っています。
7~10日で畑全体を一巡し、完熟した実から収穫していきます。ひと夏で畑を4周回、多い年で5周回するのだとか。今年は7月14日に出荷がスタートし、現在は収穫の2周回目です。

 


もくもくと、そしてテキパキと作業するみなさん。その手際のよさにびっくり!みるみるコンテナが一杯になっていきます。

 


満杯のコンテナが通路にずら~り!1日でおよそコンテナ150個分の凜々子が出荷されます。コンテナ1個あたりの重量は約20キロなので、なんと3000キロ!

 


体力的にもハードな収穫期ですが、それを乗り切る秘訣って・・・?
小平さんに尋ねてみると、「確かにキツイけれど1か月間だけですし、成果に向けてモチベーションを保っています」と、なるほど説得力のあるお言葉。
ちなみに小平さんファミリーは、今年のトマトシーズンが終わったら、沖縄旅行を満喫する予定だそうですよ♪

 


▲工場に入荷した凜々子


フィールドマンの桂さんによると、栃木県南(石橋・益子地区)は、今年は豊作とのこと。雨が少なかったため裂果(実が割れること)も目立たず、上々の出来栄えだそうです!
契約農家さんから工場にバトンタッチされた凜々子は、品質確認や検査などいくつものチェックポイントを経て、おいしいジュースへと生まれ変わります。

 


&KAGOMEスタッフの生産者訪問日記は、今回で最終回。
4か月にわたって快く取材に応じてくださった小平さん、そしてレポートをご覧くださったみなさん、本当にありがとうございました!


 

契約農家さんで栽培した完熟トマトのみを使用し、カゴメ独自の「とれたてストレート製法」で製造した『カゴメトマトジュースプレミアム2017』が8月8日に解禁されました!
旬の国産トマトのみずみずしさを、ぜひご体感ください♪

96件の「いいね!」がありました。
96件の「いいね!」がありました。
58件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「&KAGOME」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる