実になるおはなし
2015/04/15

トマトが”トマト”になったわけ

74
1356 views

 

みなさん、こんにちは。ミッティです。

 

「実になるおはなし」では、普段なかなかお話しする機会のない、

トマトや野菜・乳酸菌などのおはなしや、カゴメの研究への取り組みについて

ご紹介していきたいと思います

 

第1回目のテーマは、「トマトが”トマト”になったわけ」です☆☆

 

世界でのトマトの呼び名は?

 

トマトは世界では様々な呼ばれ方をしているのをご存知でしょうか

イタリアでは「ポモドーロ(黄金のリンゴ)」

フランスでは「ポム・ダムール(愛のリンゴ)」

イギリスでは「ラブ・アップル(愛のリンゴ)」

 

なんでリンゴfrown?と思われた方も多いのでは

昔からヨーロッパでは値打ちの高い果物や野菜を「リンゴ」と呼ぶ習慣があったそうです。

このことから、トマトはとても価値のある野菜として扱われていたことがわかります

 

トマトという言葉のはじまり

 

トマトという呼び名は、ベラクルス地方(メキシコ)のアステカ人が

「トマトゥル(膨らむ果実)」と呼んでいたのが始まりとされています。

トマトゥルとは元来、メキシコにおいて煮込んで料理に使われていた「ホオズキ」のことで、

形が良く似たトマトのことも同じ名前で呼ばれたようです。

 

ちなみに・・・トマトに関する世界最古の文献は、植物学者のマッティオーリが

1544年に出版した『博物誌』です。

その10年後に出版された改訂版において、初めて「ポモドーロ(pomodoro)」という言葉が記載されています。

 

語尾の「oro」の「黄金や富のように貴重な物、あるいは金色」という意味から、

マッティオーリは、トマトを「とても大切なもの」と表現したかったのかもしれません。

改訂版には「熟すると黄色になるものと赤色になるもの」と書かれていることから、

彼が最初に見たトマトは黄金色の黄色やオレンジ色だったのかもしれません。

 

トマトの学名に含まれている、さらなる秘密
 

トマトの学名はラテン語で「Lycopersicon esculentum MILL(リコペルシコン エスカレンタム ミル)」。

食べられる(esculentum)狼のように強く大きい(lycos)桃 (persicon)。

1754年に英国の植物学者フィリップ・ミラーに名付けられました。

なぜトマトがリンゴから桃に変わった経緯は定かではありませんが、

たくましいトマトの生命力を感じるネーミングですね☆

 

さて、第一回「トマトが”トマト”になったわけ」はいかがでしたか

ご感想や疑問、他にも「こんなことを知りたい」などリクエストがありましたら、

ぜひコメント欄に書き込んでくださいね

なるほど~と思った方は、ぜひ「 (いいね)」をお願いします

 

それでは、次回もお楽しみに…☆☆

 

 

 

157件の「いいね!」がありました。
157件の「いいね!」がありました。
74件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「&KAGOME」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる