実になるおはなし
2018/05/08

ももとせ物語 明治150年 挑戦編(5)カゴメ(上)

325 view
21
クリップ

※この記事は、中日新聞社様の許諾を得て転載しています。オーシャンブルーさんから「ぜひみなさんにもお知らせしたい」という投稿をいただいたことから中日新聞社様に依頼し、期間限定での掲載とさせていただいております。

青臭い。ソースならば
「トマトは西洋野菜の代表。勉強が足りないだけ」

日差しをたっぷり浴び、真っ赤に実ったトマトが輝く。日本から一万一千キロ離れたポルトガル、首都リスボン郊外。大西洋に注ぐ大河、テージョにほど近い四ヘクタールの試験農場に十二万本のトマトが育つ。
カゴメが二〇一六年に設立した「アグリビジネス研究開発センター」。新品種の開発や栽培技術を研究する。所有する七千五百品種もの種子を交配し、毎年三百品種を育て、分析する。
トマトは世界で最も多く消費される野菜。世界人口の増加で、今後、年間百万トンペースで消費量が増えていくとみられる。それを下支えしようというのが、カゴメの狙いだ。
「業界に革命を起こすような、誰も見たことのない新しいトマトを作りたい」。センター代表の中田健吾(53)は夢を語る。
今やトマト加工品の売上高で世界三位に成長したカゴメ。その原点は、百二十年前。愛知県の小さな畑にさかのぼる。

一八九九(明治三十二)年。小高い丘のふもとに、田んぼや畑が広がる、知多郡荒尾村(現東海市)。一人の青年が初めて実を付けたトマトを見つめていた。カゴメの創業者、蟹江一太郎(一八七五~一九七一年)。二十四歳の夏だった。
「米や麦ばかり作っていてはだめ。誰も手掛けない西洋野菜を作るべきだ」。兵役が終わる際、上官に勧められた一太郎。「多くの収穫を上げる手段があるなら敢然と挑むべきだ」。こう誓い、その春、手に入れた種子を手探りで育てた。
うまそうに育った実。だが、かぶりつくと青臭い味が広がった。「国が違うと人間の好みはこうも変わるんか…」。期待は一気にしぼんだ。
「これが売れるんか」。頭をよぎった不安は的中する。タマネギやキャベツと一緒にトマトを大八車に載せて名古屋へ出掛けたが、トマトだけは毎度、売れ残った。しかし、一太郎は前向きに栽培を続けた。「トマトは西洋野菜の代表。勉強が足りないだけ」
すると、先駆的な農業に取り組む、青年に目をかけてくれる者も現れる。

名古屋・錦の洋食店「偕楽亭(かいらくてい)」の主人、梅澤角造もその一人だ。「今は売れなくても大事に育てるように」。背中を押され、翌年も作ったが、やはり売れ残った。畑で腐っていくトマトを前に県農事試験場の技師の言葉を思い出す。「西洋人はソースにするらしい」
一太郎は名古屋で唯一の洋式ホテルだった「名古屋ホテル」で、海外産のソースを一瓶分けてもらった。口に運ぶと、調味料は一切入っていなかった。今でいうピューレ。あの青臭さは消え、口当たりもまろやかだった。
早速、ソース作りに取りかかる。まず鍋で煮て、こし器で裏ごしした。時間がたつと黒く酸化したため、鉄鍋からほうろう鍋に変えて試すと、鮮紅色となり、味、色、香りとも見違えた。一九〇三年、初の国産トマトソースが誕生した。
再び名古屋に持ち込むと「舶来品と遜色ない」。洋食店で評判を呼んだ。
この頃、角造の次男で同い年の岩吉を紹介された一太郎。この出会いが、後に「トマト王」と呼ばれることになる、青年の未来を動かしていく。(敬称略)=つづく

 

明治こんな時代だった

●洋野菜

明治に入ると、横浜や神戸といった港町や東京、大阪の都市部で洋食店の開業が相次ぎ、キャベツやタマネギなど肉料理に合う洋野菜が普及。政府は外来作物の栽培を奨励し、輸入した農作物や種子を有志に分配した。明治の元勲、木戸孝允が出資し、文明開化の推進に寄与した新聞「新聞雑誌」には、洋野菜の栽培で大きな収益を上げた例が紹介されている(「近代日本食文化年表」)。

「物語 食の文化」(北岡正三郎著)によると、トマトは17世紀後半に長崎に渡来したが、観賞用で食用にはならなかった。大正期にチキンライスやオムレツなどケチャップを使った洋食が庶民の間で人気に。食卓に生食のトマトが定着したのは、戦後からという。

愛知県荒尾村(現東海市)の農家、蟹江家の婿養子、一太郎がトマトの発芽を見た1899(明治32)年をもって創業としている。愛知トマトソース製造などをへて、1963年にカゴメと改称した。近年、加工品に加え、生食用トマトやベビーリーフを販売。品種開発から栽培、加工、販売まで一貫生産する。海外に31の子会社も持つ。従業員は2456人。売上高は連結で2142億1000万円(2017年12月期)。本社は名古屋市中区。

 


出典元:2018年4月6日付 朝刊 中日新聞

▼後編はこちら>>

76件の「いいね!」がありました。
76件の「いいね!」がありました。
21件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください