カゴメ便り
2016/06/24

トマトパッツァ 外食編

666 view
10
クリップ

こんにちはミッティです。

みなさん、「トマトパッツァ」覚えてらっしゃいますか

トマトパッツァとは、「野菜と魚介とトマトソースの蒸し煮」のことです。

 

夏の魚介類を美味しくしてくれるトマトパッツァ、ぜひおうちで作っていただきたい

ですが、ちょっと作るのは…という方、今まずはとにかく食べてみたい!という方、外食レストランでも「トマトパッツァ」をお召し上がりいただけるお店が増えているんです。

 

今回は、その中でレストランチェーンの「ジローレストランシステム」さんのお店に伺いました

業務用営業の横山さんがレポートしてくれましたよ

━-━-━-━-━-━-━

今日は、水道橋にあります、ジローレストランシステムさんのお店「イタリア食堂TOKABO水道橋店」さんにお邪魔しました。

こちらは、5/11(水)にOPENしたばかりのお店

早速、トマトパッツアをオーダー。秋月調理長、早川店長にお話を伺いました

 

ディナーのレギュラーメニューで提供しているのが、こちら、「季節の魚介トマトパッツア」です。

大きく分厚い魚がドドーンと、真ん中に。3~4人くらいでシェアしても十分です。

 

旬の素材を活かすため、魚屋からの仕入れにより、使う魚は日々変わります。

本日の魚は…「赤むつ」です

今の時期ですと、赤むつの他にメダイやオナガダイなど、美味しいお魚がトマトパッツアになります。

なんの魚がでてくるか、わくわくしますね

 

家庭用では、トマトソースの上に、具材を載せ、蒸し焼きにする簡単レシピですが、さすが専門店のトマトパッツア手が込んでいます。

秋月調理長からポイントを教わりましたので、お家でひとつ上のトマトパッツアを目指したい方はぜひ、お試しあれ

 

魚は臭みを抑えるため、皮目をオリーブオイルでカリッと焼いてからトマトソースと合わせる。

あさりは、煮込み過ぎると身が固くなるので、開いて出汁がでたら、一度取り出し、煮込みの最後であわせる。

 

この他にも、こだわりが

ハーブは魚に合う、バジル、タイム2種類を使用、また味のアクセントにケッパー、2種類のオリーブをチョイスさすが、手が込んでいます

 

魚、あさり、トマトそれぞれのうま味がとっても凝縮されていて、メインの赤むつは皮はパリッと、身はしっとり仕上がっています。

美味しいスープはバケットにつけて

 

最後まで美味しくいただきましたごちそうさまでした

 

もちろんトマトにはカゴメ業務用ホールトマトをご使用いただいています

 

お店

イタリア食堂TOKABO水道橋店

東京都千代田区三崎町2-20-8FUNDES水道橋2階
TEL:03-6272-5610
※トマトパッツアの提供はディナーのみとなります。ランチタイムは提供しておりません。

 

▼ジローレストランシステムさんのトマトパッツア実施店舗はこちら

━-━-━-━-━-━-━

魚介からあふれでるスープが、トマトソースと合わさってとってもおいしそう

バケットにつけてぜひいただきたいですね

近くにお住まいの方は、ぜひお店に足を運んでみてくださいね

 

おうちで作るトマトパッツアレシピはこちらです

 

48件の「いいね!」がありました。
48件の「いいね!」がありました。
10件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「&KAGOME」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる