カゴメ便り
2016/08/05

カゴメ社員の栽培日記「標高955mの富士見工場へ遊びに来ませんか!?」

1144 view
29
クリップ

こんにちは、ミッティです。

今回は、長野県富士見町にある「カゴメ富士見工場」からのレポートです。

富士見工場では工場の敷地に畑があり、見学のコースでトマトの様子が観察できますよ。

また特別なトマトもあるようです、みなさんへ見学のご案内もあります

では、富士見工場 内藤さん、レポートお願いします

 

* … * … * … * …* … * … *

はじめまして、富士見工場生産管理課の内藤です。

総務グループで従業員の健康管理や一般事務、工場見学などを担当しています。

富士見工場は、標高955m長野県諏訪郡富士見町にあり、野菜生活をはじめとする紙パックジュースを中心に年間約5億本(235万本/日)の生産を行っています。

また、国内で採れた旬の野菜(レタス・セロリ・キャベツ・プチヴェールなど)を工場へ入荷し、野菜液の加工も行っています。

工場の見学コースには、トマトジュース用のトマト【凜々子】や約3,000年前のトマトの原種【ピンピネリフォリウム】が栽培された畑を観察することもできますよ。

では、見学コースにご案内します

 

はじめに、PRルームです。ここでは、工場概要や野菜のお話しを聞いていただきます。

自由研究などの質問もOK


PRルームを出て始めに、Mountain View Walkwayと名付けられた工場の外周を歩きます。富士見パノラマスキー場がある入笠山を眺めながらの散策をお楽しみください。


工場のライン見学では、ペットボトルに野菜ジュースが詰められる様子や、世界最速の紙パック充填機から作られる野菜生活などをご覧ください。

 

さて、いよいよ工場の畑のご紹介です。

今、畑のトマトは直径3~4cm程の青い実がたくさんついている状態です。

生育状況にもよりますが、8月上旬ころからはトマト収穫体験もできます。

トマトの原種の味見もできますよ

玄関前で栽培しているミニトマトは少し色づき始めたところです。 

 

最後に、ご案内です。富士見工場では一般のお客様の見学も行っています。

事前のお申込みが必要となりますが、澄んだ空気、南アルプスのおいしいお水と

緑の木々に囲まれた富士見工場へぜひお越しください

 

<富士見工場見学案内>

所在地
〒399-0211
長野県諏訪郡富士見町富士見2150
TEL:0266-62-3111(平日 8:30~17:00)

見学対応期間と見学開始時間
土・日・祝日・工場休日を除く7月下旬~8月下旬
 1日2回(10:00~11:30、14:00~15:30) 各回定員:50名

予約
見学希望日の1ヶ月前より受付

見学内容
工場概要及び野菜に関するご紹介(約30分)
ペットボトル・紙パック飲料の製造ライン見学(約60分) 
所要時間:約90分

見学料金
無料

ご利用条件
小学生以上(小学生未満のお子さまはお申し込みいただけません)
旅行会社様の見学ツアーの受入は行っておりません。

 

* … * … * … * …* … * … *

内藤さんありがとうございます。夏空と山々とトマト畑、素敵ですね

富士見工場は、御柱で有名な「諏訪大社」や「諏訪湖」も近く観光も楽しめます。

『一足お先に!今年の期間限定トマトジュースを体験!KAGOME 那須工場見学イベント』に外れてしまったみなさん、那須は遠くて行けないとあきらめていたみなさん、ぜひ富士見工場見学もご検討くださいね。

1回あたりの定員が50名と決まっています、お申込みはお早めに

91件の「いいね!」がありました。
91件の「いいね!」がありました。
29件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください