トマトを育てている人集まれ!
34
クリップ
こんにちは、&KAGOMEスタッフです。

今回はトマト栽培における代表的な病気・害虫についてご紹介します。

■病気
疫病、輪紋病、灰色カビ病、炭且病、トマトモザイク病、黄化葉巻病
■害虫
アブラムシ類、ハモグリバエ類、コナジラミ類、オオタバゴガ

上記は一例で、他にもいろいろな種類の病気・害虫があります。

対応策としては、

1.病気・害虫が発生した場合はいずれも、該当部または株を除去。
2.病気の際は、その症状に応じた薬剤を使用。害虫の場合は、その虫に対応した殺虫剤などを散布。

になります。

<専門家が回答!Q&A>に、詳しい病状や対応策を掲載しているものもありますので、ぜひお役立てくださいね^^
▼よくある質問集も♪<専門家が回答!Q&A>
※<専門家が回答!Q&A>に記載がないもので、専門家に相談したいという場合は、上記URLの「相談する」から専門家に質問することもできます。

みなさんも、病気や害虫が発生してしまった時の体験談や対策などありましたら、ぜひコメントいただけると嬉しいです♪
他の方の参考にもなると思いますので、ご投稿をよろしくお願いします!
34件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 畑で栽培しているのですが、病気の発生にどう対応すればいいのか悩んでいました。今回思い切って「専門家が回答!Q&A」で専門家に相談してみました。丁寧に回答してくださって感謝しています!カゴメさんは、さすがだと思いました!
  • 連作をしない、植え幅をたくさんとり隣りの野菜の葉と重なり合わない様にする、
    水やりを欠かさない、幼虫や卵を見つけ次第処刑する・・・・・くらいです。
  • 畑に地植えしていますが、毎年収穫量と同じかそれ以上腐ってしまい廃棄します。
    それとカメムシの被害が大きいです。実が青いうちからとりついて、何やらチューチューすっています。赤くなるとムラムラになって、甘さもあまりありません。特製のニンニクとうがらし木酢液をかけても知らん顔で、困っています(T_T)
    • ナス科の野菜にはカメムシがくっつきますネ。
      ピーマンの茎にびっしりとカメムシがついたことがありました。
      ビニール袋と割り箸を持って、ひたすら取ったこともありました。
      葉の裏にたくさん卵を産みつけますネ。
    • やはり手取り(?)しかないでしょうか…(><)
      葉の裏に粒粒をよく見ますが、あれが卵なのですね。見つけ次第廃棄しようと思います。ありがとうございます^^
    • 卵がついていても葉ごと取ってしまうのは、野菜がかわいそうなので、何とか卵だけつぶしたいですネ。
    • なるほど。そうしてみますね!
  • 「病気・害虫」対策でなく、昨年散々苦しめられたカラス被害防止
    としての「防鳥」対策をとっています。
    本当は、防鳥ネットを張るのが効果的なんでしょうが、あとあとの
    作業のこと考えると不便と思い、ホームセンターで買ってきた防鳥糸
    を張りめぐらせています。
    今のところ、その被害は受けていません。
    尚、熱田神宮内のうどん茶屋に「カラス侵入禁止」なる貼紙が
    ベタベタ張ってありました。
    これこそ神札なのかも。
    • 家のトマトは今年始めてカラスの被害を受けました。病気や害虫被害はほとんどないので、とにかくカラス対策です。100円ショップの防鳥ネットのようなものを張り巡らしていますが、確かに作業性が悪くなってマイナスも大きいです。どこまで必要か?私も研究テーマです
  • 2017/07/15
    日が当たりすぎているのか、その前から尻腐れになっていたのか、
    今日は収穫した3個は、全て尻腐れでした。残念。
シェアする